「とりあえず3年頑張ってみる!」っていうまじめな会社員がまじでどんどん輝きを失っていく理由

石の上にも3年

あきこです٩(ω’ )و

社会人歴と会社員歴がともに7年になります。

長かったですが、来年に会社員を卒業します。

今回は、就職すると絶対によく聞く

「まずは3年働け」

って言葉について。

わたしの転職経験上、長く長く同じ場所で働いている人ほど、なぜかわからないほど「仕事にいきいき取り組めてない人が多い」

もちろんそうじゃない素晴らしい方々もいました☆

でも大半がそうでもないという悲しい事実。

「まずは3年」の本当の意味

わたしはこの言葉は

会社目線で仕掛けられてる言葉かなと。

会社も、入ってきた人に

月ごとに人件費をきちんと払っています。

でも新人さんは、最初は何をしないといけないのか

何もわからないので、

周りの先輩が教えますよね。

つまり結構な教育期間が必要であり

しばらくはその人に対しては

投資期間みたいなものになります。

会社の戦力として

本当に貢献してくれるようになるまでには

3年はかかるって意味だと考えています。

でね。

一方でそうして雇われている人が

持っておくべき心構え。

この言葉を鵜呑みにして、

なんとなく3年在籍する

これは危険です。

「大変だけど、3年やってみればなんか成長できるかも!」と何となく思っちゃうんです。

3年先の自分になんとなくで期待しちゃうだけで終わる。

その言葉に甘えて、

3年経つまで自分で考えることを怠っているだけです。

3年働いてわかったこと

短命な会社が多かった中でも、わたしが最後に在籍している会社は、自分が当時一番面白いと思ってた仕事だったから、「何があっても3年はやろう!」とまたなんか変に未来に期待をして頑張ってしまいました。

でも、入社したての時が、いちばん会社のよくないところとか改善したほうがいいところがよく見えています。

まだ、会社の文化を知らないから、客観的に環境を見ることができるから。

なのに、悲しいかな新米ほど発言権がない。そして「新米が何を唱えたところで無駄なんだな」と思い、そう思い始めるとだんだん発言もしなくなります。

「こういうもんなんだ」

と解釈するようになる。

そしてだんだん、だんだん

その会社の文化に適合してくる。

そして「こんな人になりたくない」って

思っていた上司と同じような思考に

知らない間になっていくものなんです。

だから、

3年っていう言葉は怖いですよ。

成長の3年ではなく

その会社でどうやって上手に仕事をこなすかを体得する3年

を体に染み込ませるためだと。

かなしいかな3年在籍して

思っちゃったのでした。

でも、これ本当ですよ。

3年やらないとばかにされるとか思って無理しないでほしい

「この苦しい状況にも、耐えないといけないんじゃないか」って我慢して頑張ってる人、めっちゃいます。

ただ、その先。

その苦しい状況を耐えて打破した先に、達成されるものってなんですか???

よーく!考えてほしい。

わたしは自分自身が、

会社仕事が大変でも、

耐えて・やって・乗り越えてみて

その先に何あったかというと

結果もっと会社仕事が苦しいものになりましたw

だし、

他にもそんな人をたくさん知っているし、社歴が長い人ほど疲れた感じの人が多かったから、「とりあえず3年」って言葉が嫌いです。

めっちゃめちゃ危険だからです。

何年経ってもずっとつらいのは

あなたが仕事ができないからではありません。

ただ、今の環境が合ってないだけですよ。

だから、3年とか待つことないし

転職したって休職したっていい。

悪いことじゃない。

▼そうはいっても、今の環境から抜け出すことが不安な人は、ほかの手段で結果を作ってみて「自分に自信を持つ」とかから始めてみてもいいかも。

**************
わたしが教えてもらった仕事の片手間でも
10万円位には収益になった方法*
LINE@から情報展開してます。
どうぞ!

あきこLINE@

投稿者プロフィール

高木あきこ
高木あきこ
ecサイトでデザイン業務しながら
ADSはじめました*.。ネットビジネス、MLMの失敗経験
転職失敗経験、副業情報なにかと書きます。