「何かはじめたい!」って思い立った時に、やらない方が良いこと

誰に相談しよう

「ADSはじめてみたいです!」
っていう人や
身近な人に
「会社やめたいんです!」
「転職してこんなことしたいんです!」
っていう人が周りに多いので、
話を聞かせてもらうことが多いんですが
その中で疑問に感じたことが1つ。

新しく始めようとしていることを、
親や家族に相談する人。



「やってみたいんですけど、親に反対されて」
「話してみたら引きとめられて…」



ということで、やらない人。
全く何も話するなってことじゃないんですけど
例えば転職するにしても
退職するにしても
ADS始めるにしても



新しいことするかしないかを相談するのに
少なくとも
親ではないほうがいいと思うよ

って感じたことを、まとめてみます。

親のアドバイスに含まれているもの

親とは、過去の自分を知って話している

家族、ご両親というのは
あなたが生まれてから
学生になって、社会人になって、
自分の手から離れるまでのあなたのことを
誰より一番よく知っています。

だから、なにかを助言するとき
親が参考にしてるのは
今の自分、将来の自分ではなくて
「子どもの頃の自分」
「過去の自分」を基準に
アドバイスしてくれるもの
です。

だから、往往にして
方向転換をしようとしたり、
新しいことを始めようとすると、
他の人よりも「過去の自分」を基準に
「あなたの性格では無理だよ」って
言うこともあります。


それは、
今のあなたのことを見て
言ってるのではなく
大体が
「過去の自分、小さい頃の自分」
のことを基準に喋っているから。


でも、これまでやったことないことって
「これまでの自分」て基準では
決めれなくないですかね。



新しいことしたいんだったら
これからどうなりたいのか??
に集中しないとスタートがきれません。

親は子どもの安全を願っている

例えばなんですけど
急に自分の子どもが
「世界一周してくるわ!」とか
言い出したら。
ちょっとざわつきませんか??


「そんな危ない・・・」とか
「もっと安全に生きて欲しい」って
止めたくなりませんか??

死んだらどうするねんって思って。


親は子どもにやっぱり
身の安全は確保してほしいって
願ってる
ってことをよく考えて
話してください。



結局、
自分の人生を決めることができるのは
自分しかいないんだし、
あなたの人生は
あなたにしか歩めない。




親の意志を優先するのか
自分の意志を優先するのか



ほぼ決めてから話しないと。



あとは、ご家族の
「自分の時はこうだった」
って話は、新しいことする時には
特に役に立たないので。

じゃあ誰に相談したらいいの??

これは、自分が
やってみたいって思ってることの
先にいる人。


その道をもう辿ってきてる人に聞くべきです。


何れにしても
迷ってると言うのは
結構やりたい状態じゃないですか。

自分がやりたくなるような情報を
きちんと取りに行こう。

反対されてやめるなら、その程度の覚悟だったということ

ということです。

だから、自分の中で
自分はどうしたいと考えているのか
ある程度はっきりした状態にして
相談相手を決めた方が良いです。

自分がやりたいんだったら
やりたくなるような情報を。
その道をすでに通ってきた人
現役の人の話を取りに行こう。

投稿者プロフィール

高木あきこ
高木あきこ
ecサイトでデザイン業務しながら
ADSはじめました*.。ネットビジネス、MLMの失敗経験
転職失敗経験、副業情報なにかと書きます。