はじめての副業、複業、サイドビジネスのすすめ【選び方や向き不向き別に紹介】

初めての副業・サイドビジネスの勧め

あきこです*

前回、パラレルワーカー(お昼間の仕事をしながら副業をしている人種)のメリットについて、つらつらと経験談を込めて書きました。

メリットはめちゃ紹介したけれど、じゃあいざこれまで何も2つ以上兼業したことない人は、何からやろうかな?って思うと思う。やりたいことがもうある人はそれやったらいいけど、それは色々やってみてからじゃないと正直、見えてこない。

だから、今回は仕事の合間にとりあえずなんでもいいから何かやってみたいんだ!・駆け出すなら何からやるのがいいのかについて、これまた経験談と周りの兼業者の声を含めて、紹介します

「仕事の合間×一人」スタートなら、断然ネットビジネスから!!

これは経験談です。ネットビジネスとは、ネットを介するお仕事全てを指すので、かなり多岐に渡ります。

とりあえずまずは

物販

メルカリ・ヤフオク・ラクマ

自分でアクセとかこだわりの小物とか作れる職人さんなら、Creemaとかにも出品してる人多いです。上のサイトは、とりあえず一般人が自分が使わなくなったものを、同じ一般人に価格をつけて販売するためのアプリ。

副業したことある人で私は、これらのアプリで物販したことない人聞いたことがないです。
もちろんプロという人も存在してますが、そうじゃなくてもお小遣い稼ぎくらいの気持ちでもはじめやすい。
いらなくなった服とか、昔のいらないブランド品とか高く売れたりする。
出品さえしてしまえば、忘れた頃に急に売れたりする

向いてる人:ネットショップで買い物とかする人(すぐ慣れる)
向いてない人:いないと思う

ライター、クリエイティブ全般

ランサーズ、クラウドワークス、ココナラetc…

フリーランス向け、個人向け。
文章作成、バナー作成、ロゴ作成、
イラスト作成、またココナラは
だいぶ個性が強いものもあり、
「愚痴を聞いてあげます」
といったことまでも商品になっている(ちゃんと売れているみたい)
ざっとみるだけでも「自分でもこれなら販売できるかな?」って思えるものがあったりします。
あと絵が描ける人なら、私の知り合いの漫画家さんはココナラで、結婚式用のイラスト描くことを売ってましたよ。

向いてる人:専門職で特殊な技を持ってる人。趣味にものづくり、絵描きなどちょっとクリエイティブなタイプ。
向いてない人:上記は一通り当てはまらない人。

アフィリエイト

これも多いよ。所定のASPというアフィリエイト会社に登録をすれば、その会社の商品をネットを通して売ることができる。ブログアフィリエイトで頑張ってる人が多い印象は昔あったかな。純粋なアフィリエイトだと、、結構根気がいります。ブログアフィリエイトの収益をあげてる方がいますが、そのためにブログサイトにありとあらゆるアフィリエイトのリンクを張り巡らしているし、SEOは勉強しているし、商品紹介も書きまくってますし。

向いてる人:書くことが好きな人。収益は数年先スパンで考えていて、根気よく続けることができる人。
向いてない人:飽き性の人。書くことがいつも浮かばない人。

おまけ:ネットワークビジネスは、副業向きの仕事じゃない

ネットワークビジネスは、口コミ、人と人とが繋がっていくビジネス。
仕組みはめちゃいいのですが、ビジネスのインターネットでの集客ができなかったりする。
ネットが使えない=リアルで人と会って広めていく必要があります。となると必然的に時間が限られてきます。夜遅くに活動することもできません。
昼間の仕事と並行してたら結果は作れません。

だいたい、こんな感じです。
ご参考に*

*****

投稿者プロフィール

高木あきこ
高木あきこ
ecサイトでデザイン業務しながら
ADSはじめました*.。ネットビジネス、MLMの失敗経験
転職失敗経験、副業情報なにかと書きます。