学歴コンプレックスは克服しよう

学歴コンプレックス

学歴コンプレックスなんか不要。

と私からは学生たちには伝えたい。

 

今日は、「大学入試センター試験」の1日目だったらしい。

私自身、自分史上で、あの頃が一番ずっと

ひたすら勉強してたんじゃないだろうか。

今ですら、センター試験会場に感じた、

独特の空気を鮮明に思い出せます。

 

きっとその位、今日と明日は

受験生にとって後々思い出に残る日に

なるんだろうなーと思う。

 

さて。でね。だから思い出した話。

「学歴コンプレックス」って感じたことあるだろうか。

 

私は・・・今となっては

「どっちでもいいやん。」

「学歴って大した武器にならんで」

って言ってしまいますが、

コンプレックス、いや、

親から圧を感じていた時期がありますw

それはまさに受験生のころ。

 

そして県立大に行き、就職し、

転職を繰り返し、今は残念ですが

「学歴気にせんで良かったねw」って

思っている。

 

学歴コンプレックスって何だ

学歴コンプレックス: … 自身の学歴に対する劣等感を意味して用いられている語。 自身よりも高学歴の人に対する嫉妬や、他人の学歴を必要以上に気にする行動などとして表面化することが多いとされる。

NAVERまとめ

 

要は、

自分の出身大学、高校を、

他人と比べて劣等感を抱いてしまう状態です。

 

学生の頃から、高学歴学生に近い環境

私は出身がとても田舎だった故に、

昔から「早くこの田舎出たい!」

と思っていました。

 

が、三人姉妹だったので、生活してるだけで

お金はかかるし「どうやって家でよう」と思っていました。

 

父は高校からずっと、近畿では群を抜く高学歴出身で

ずっと家の横で自営の塾講師をしていました。

その時に感じたのは「家に帰ると、優秀な学生ばかり、、」

という劣等感でした。

 

「だが家は出る。父にも反対させない。

でも、負担は最小限の選択」

を考えた結果が

「家からは通えない国公立行こう」でしたw

 

新卒就活の時に感じたこと

就活の最初に感じたのは、以外にも

学歴ではない劣等感。

有名国立大学・関西なんで関関同立とかね。

高学歴たちとも混ざって集団面接もしました。

でも、

有名大学だろうが、面接落ちて残る人は残っている現実。

 

この時にやっと

「どこからきたって情報、大して関係ないのかもしれない」

って思いました。

 

「学歴ってどうでもいい」って確信したのは転職してから

少なからず父の圧を感じ

私は「何も言わせない」と思って

県立大学をでた。でも、だからって

それが活きたことは一度もなかった。

 

速攻で新卒やめるって言ったら

上司だけでなく、同期にも

「勿体無い」言われたけど。

「学歴自慢<自分が面白い仕事」

に落ち着きました。

 

そして、いろんな働き方をしている人が

蠢く世界に行ったけど、

学歴を武器にせずとも成功してたり

やりたいことしている人に会うようになり、

考え方が変わった。

 

学歴じゃなくて、「今、自分は何を目指していて、頑張ってて、なんでそれをやってるのか」人に言えればいいじゃない。面接なら、「だから、こんな役に立てます」ってことを伝えられるなら、それが一番いいじゃないか。

 

私は、それを体現してる人に出会って、考え方を変えるきっかけをもらいました。

みんな、学歴っていう均一された場所で戦わなくていいと思う。

 

学歴じゃないところで戦うなら…自分の強みを知る

学歴に頼らずに戦ってみたいなら

まずは

「自分の強み(人間的なスキル・これまでの経験で得たスキル)」

をはっきりと把握しておくことが必須です。

 

これで自分が戦える場所がわかったら

「自分でもできるんだ!」って自身がつきます。

自分自身に自信もつと、コンプレックスは

気づいたらなくなりますよ。

 

 

 

 

投稿者プロフィール

高木あきこ
高木あきこ
ecサイトでデザイン業務しながら
ADSはじめました*.。ネットビジネス、MLMの失敗経験
転職失敗経験、副業情報なにかと書きます。