やりたいこと・達成したいことを逆算方式に変えたら、メリットしかない

逆算手帳

1月は

「今年1年は、どんな年にしよう!」って

言ってる人とかメディアの発信が多いですよね。

だから、テンション的にも1月って

「自分の目標」って見直しやすいと思います。

 

自分が生きてるうちに、成し遂げたいことってなに??

 

「いやいや、成し遂げるとか言われると、

そないたいそうなことは私は持ってないよー」って

雰囲気だす人めっちゃいる。

でも、そういう人も絶対ほんとはある。

 

そして不思議なのですが、

そう思っていると、本当にそうなるということ。

 

本当はしたいけど届かない経験を過去にしすぎて、もう自分には無理だと思っている

 

ないですか?

大人になるにつれて、

だんだんチャレンジするのやめる自分。

大人になる程、知識と経験が増えるほど

なんでも二の足を踏みがちになります。

でも、それって結構思い込みで

ほんとはできる能力を持ってるのに

「できないし、要らないし」って自分を思い込ませることで

できないことに自分がしているだけなんです。

これ・・・なかなか怖いですよ。

あなたができると思えばできる。

できないと思えばできない。

どちらにしてもあなたが思ったことは正しい。

≪フォード・モーター創業者/ヘンリー・フォード≫

好きな言葉に、こんな有名な言葉があります。

 

これは実体験でもそうだったから腑に落ちたんです。

「人間は、思うこと・考える通りに

体を動かすから、思うこと・考えることを

変えれば動きは変わる従って結果も変わる」

 

いつも自分が取りがちな選択を知って、あえてそれを1つずつ辞めてみる

 

「こわいから辞めとこ」

「前こんなことあったから控えとこ」

これがいつもの自分の選択だったとする。

そうなると、その結果どうなるかって自分でも分かると思います。

じゃあ、変化したいんだったら、

いつもの選び方と逆のことをすると

なんか違う結果が得られるのもわかると思います。

 

だから、目指すものややりたいことがあるのに

なんか何故かできてこなくて

どうせできないって思いそうで悩んでるなら、

いまの自分のやり方を自分で変える必要があります。

 

積み立て方式を、逆算方式に意識的に変える

目標のたて方は2種類あります。

  1. 逆算方式
  2. 積み立て方式

の2種類があります。

 

逆算方式

決めた日(期限)に達成している

自分の状態から逆算して、

それぞれの要素を分解し

それぞれを超明確(●日までに△を覚える等)にすること。

ーこの時の意識ー

逆算さん
ほんとに実現するための計画をしたんだから、できるのは当たり前

積み立て方式

なんか、教科書1ページ目から

まじめに全部やろうとすること。

ーこの時の意識ー

積み立てさん
目標達成できるかわからんけどとにかく頑張ろう

 

意識で決定的に違うのは

自分ごとに思えてるか、

他人ごとにしてるか。

同じだけ能力がある人間がやったとしても

こんな意識とやり方だけで

たどり着くかたどり着かないか別れてしまいます。

 

あと、逆算方式にするメリットとして

積立方式よりも、自分自身が

かなり落ち着いて目標を目指せます。

 

だって積み立て方式のやり方って

全部で何キロあるのかわからないマラソンを

走れって言われてるようなもの。

 

私は、受験勉強してたころ

「積み立て方式」で

目の前のことをクリアできたら

次に次にってやっていた。

 

でも、やることの先にゴールイメージが見えてないと段々しんどくなってくるのが人間なんですよね。

 

受験勉強は、まだ受験日ってものがあったから

わかりやすい指標・終わりが見えてるけど、

大人になったら、終わりはいつにするか

達成するのはいつなのかとかって

ぜんぶ自分で決めないといけないですからね。

 

となると

始める前に、自分でゴールを決める必要が絶対あります。

 

なにかと馬鹿力でなんとかしようとしてる人は、逆算方式。試してみてね*

 

投稿者プロフィール

高木あきこ
高木あきこ
ecサイトでデザイン業務しながら
ADSはじめました*.。ネットビジネス、MLMの失敗経験
転職失敗経験、副業情報なにかと書きます。