自分自身に、忠実に。

副業,撮影風景

今日、ある本からもらった気づき*

もし今日が、人生最後の日だったら、
後悔を口にしますか??

人生最後の時を過ごす患者たちの緩和ケアに数年携わった、オーストラリアの Bronnie Ware さんという方がいます。

彼女によると、
死の間際に人間は、
しっかり人生を振り返るのだそうです。

患者たちが語る後悔には、
同じものがとても多いとのことですが、
特に、死を間近に控えた人々が口にした後悔の中で、多かったものトップ5は以下のようになるそうです。

第5位「自分をもっと幸せにしてあげればよかった」

「幸福とは自分で選ぶもの」だと気づいていない人がとても多いとのこと。
旧習やパターンに絡めとられた人生を「快適」と思ってしまい、変化を無意識に恐れ、「選択」を避けていた人生だったと気付き、悔いを抱えたまま世を去っていく人が多いようです。

第4位「友人関係を続けていれば良かった」

人生最後の数週間に、人は友人の本当のありがたさに気が付くのだそうです。そして、連絡が途絶えてしまったかつての友達に想いを馳せるのだとか。もっと友達との関係を大切にしておくべきだった、という後悔を覚えるようです。

第3位「もっと自分の気持ちを表す勇気を持てば良かった」

世間でうまくやっていくために感情を殺していった結果、可もなく不可もない存在で終わってしまった。という無念が最後に訪れるようです。

第2位「あんなに一生懸命働かなくても良かった」

とくに男性が、この後悔をするとのこと。仕事に時間を費やしすぎず、もっと家族と一緒に過ごせば良かったと感じるのだそうです。

第1位「自分自身に忠実に生きれば良かった」

「他人に望まれるように」ではなく
「自分らしく生きれば良かった」という後悔。
Ware さんによると、これがもっとも多いそう。

人生の終わりに、達成できなかった夢がたくさんあったことに患者たちは気付き、
ああしておけばよかった、という気持ちを抱えたまま世を去らなければならないことに、人は強く無念を感じるようです。

以上はどれも重く、
非常に心に響く内容でした。

これを知って、何を伝えたいのかと言いますと。
何を選び、どうするかの
結果を作っているのは
やはり、いつも自分ですよね。

だからこそ、
色々手放したら、手放した分だけ
自由になれるということでもあります。

「死ぬ前に語られる後悔」
じゃあ、後悔しないためには?

それは物質的な事だけでもなく、
思考・マインド・考え方
から始まります。

******************************
公式LINE@作りました*。
お友だちには、忙しいお仕事の傍らでも
10万円くらいにはなる方法も公開*
下記URLからご登録可能です♬
http://bit.ly/2K05Bqf
ID検索はこちら⇨ @tvd9350b
******************************

投稿者プロフィール

高木あきこ
高木あきこ
ecサイトでデザイン業務しながら
ADSはじめました*.。ネットビジネス、MLMの失敗経験
転職失敗経験、副業情報なにかと書きます。